2007年05月24日

DIN SYNCのコンティニュー(2) @ 電子工作

img1

DIN SYNCのコンティニューがどの様になっているのか調べてみました。

まず、SBX-80が対応しているのか否かを調べるために、中を覗いてみました。どうも配線を見た限りではコンティニューと言われている、5番ピンが繋がってます。

次に、ブレッドボードで実験用にLEDを4個並べてDIN端子のグランド以外をLEDに繋ぎ、信号がでているかの確認。やはりコンティニューと言われている5番に信号がでます。コンティニューの時にだけ短いパルスが出ているようです。

現在作っているMIDI -> DIN SYNC変換器は、スタートとコンティニューの動作に違いはなく、何れの場合も1番ピンをHigh(+5V)に切り替えているだけです。折角なのでコンティニューにも対応します。

ちなみにそれぞれのピン配置は以下の通りです。

1:PLAY
2:GND
3:CLOCK
4:
5:CONTINUE

MIDI sync interfaces from Phil Rees
>>関連リンク

閲覧数: 2435 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト