2006年10月25日

USB-IOでDIN SYNC出力 @ 電子工作

ダメだとは思ったのですが、USB-IOでDIN SYNC出力を試してみました。DIN SYNC自体は一定のタイミングでパルス波が出ていれば、その間隔を元にテンポとして認識すると思われるのですが、USB-IOの反応速度に問題がありました。

60BPM程度のスピードで出力してみたら、全然安定しません。多少揺れることはあるだろうと思っていましたが、予想以上のダメぶり。実際にはクロックのインターバル(1周期)を40msとして実験したので、62.5BPMと成るはずなのですが、MSQ-700のディスプレイには0〜60BPMの間の数字がランダムに出てきました。同時にLEDも点灯させていたので、それを見ていても安定してないことが分かりました。残念です。スペック的に無理なことは分かってましたが、最小単位の倍数で実験してこれでは、お話しにならないですね。これでPICでの開発が決定です。USB-IOはもう少しアラが目立たない形での利用を考えます。SH-101のクロック程度ならば使えるかも。それでもダメならば、音楽での利用は諦めるしかないですね。

閲覧数: 2760 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト