2007年02月28日

ウォールナットハープ @ 音楽

某テレビ番組で「ウォールナットハープ」と言うオリジナル楽器が広島で作られていることを知りました。大正琴とかスチールギターのように置いた形で弾く弦楽器なのですが、弦の数がそれらに比べて多いのが特徴です。予めコード毎に調律された弦が複数のブロックに分けて用意されてます。弦の支え方がちょっと琴にも似てます。音は、テレビで見ただけなので生で聴くと違うかも知れませんが、ギターと言えばギターなのかなと思います。本体が非常にシンプルな箱形なので響きがちょっと・・・。そう言うことを求めているのではないと思いますが。

もともと、音楽療法の為の楽器として開発されたらしく、演奏方法は非常にシンプル。片手で弾きたいコードのエリアをピックで弾くだけ。エリア毎に色分けされているので、歌詞カードに色付きマークを追加するだけで誰でも演奏が出来るようになってます。

価格など詳細を知りたいと思って検索したのですが、現在製造元の会社のウェブページに情報がないです。

ムジカ(楽器工房ムジカ,ムジカアートスクエア)
>>関連リンク

製造元が何故か2004年5月頃からウェブページに詳しい情報を掲載してないようなので、Internet Archive辺りで検索すると良いかも。色々楽器の情報が出てきます。

Internet Archive: Wayback Machine
>>関連リンク

閲覧数: 3408 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト