2006年10月25日

USB-IOで出力 @ 電子工作

散々悩んだのですが、MacでUSB-IOの出力は意外と簡単だった。HIDSetReportの使い方がよく分からなかったので、一時保留にして、CoreMIDIの方を先に取りかかっていました。やはり少し時間を空けたことが良かったみたいで、何となくUSB-IOとHIDの扱いが頭の中で整理されたみたい。まだ入力の方が出来てないので、完璧とは言えないのですが、これで1つ山を越えた感じです。

簡単にその部分のソースを書くとこんな感じです。

unsigned char msg[8]; msg[2]=msg[3]=msg[4]=msg[5]=msg[6]=msg[7]=0;

msg[0]=0x02;// Port0:0x01 Port1:0x02
msg[1]=0x00;// on
HIDSetReport(pDevice,kIOHIDReportTypeOutput,0,msg,8);

sleep(1);

msg[1]=0xff;// off
HIDSetReport(pDevice,kIOHIDReportTypeOutput,0,msg,8);

但し、デバイスの取得部分をこのソースでは省略しているので、このままでは当然動きません。

仮にLEDを繋いで実験しているのですが、タイミングが随分と粗いような気がします。LEDだと微妙なところの判断が難しいので、ブザーか何かを使って音を鳴らした方がよいですね。

閲覧数: 3125 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト