2008年09月17日

CrossOver Chromium @ Mac

img1 img2 img3

Googleのウェブブラウザ「Google Chrome」をCrossOverを使ってMacなどの環境で使えるようにした「CrossOver Chromium」が登場したらしい。

Mac版は開発中でまだリリースされてないのですが、この様な形で移植されるとは驚き。

早速試してみたところ、一応、それっぽい感じで動くのですが、文字が何となく汚いです。雰囲気だけは伝わりますが・・・。

その他気付いた点を少し書きます。

・最初の起動に時間が掛かる。二回目以降は素早く起動する。
・ウィンドウを最小化したら再度表示できなく成った。終了して、再度起動で表示できた。
・フォームで日本語入力できない。
・ファイル保存のダイアログを開くとアイコンがX Windowに成っている。
・ファイル保存ダイアログのディレクトリー表示に「マイコンピュータ」「drive_c (C:)」などMacとは関係の無い表示がある。
・コマンド+wでアプリが終了する。


CrossOver Chromium
>>関連リンク

Google Chrome - ブラウザをダウンロード
>>関連リンク

閲覧数: 1805 / はてなブックマークusers

関連商品

amazon.co.jp・詳細ページへ

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト