2012年08月06日

Adobe Illustratorで7セグメントLEDを描く @ Mac

img1

Illustratorに慣れている人は簡単な事なのだけど、サンプルとして作った7セグメントLEDの描き方を紹介します。

まずは、丸と長方形で基本の形を作ります。出来たらパスファインダーで合体します。

型抜き用に線を引いて行きます。基本の形もそうですが、フリーハンドで綺麗に作る事は出来ないので、必ずグリッドを使って吸着する様にしておきます。線が引けたら、「パスのアウトライン」を実行します。

次に、基本の形状と型抜き用のパスを選択して、パスファインダーで型抜きします。ここまで出来れば、不要な部分を削除して、変形>シアーで5%も傾ければ出来上がり。

同様のデザインのフォントを使った方が使いやすいと思うので、わざわざ作る事も無いかもしれませんが、状況によっては自分で用意すると使い勝手が良い場合もあると思います。

ちなみに上の画像は、サンプルとして分かりやすくする為に、黒い線だけだったり、赤いアウトラインが見えますが、実際に作る時には、ベースの形状は黒塗りのみ。型抜きの線は白で作りました。

閲覧数: 4907 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト