2007年01月16日

SEIKO ST01の基準 @ 音楽

REASONでサイン波を出してST01を試してみました。

REASONの設定上、440Hzとして音を出し、iBookのスピーカー近くに置いたST01で拾ってみると、全体的に高めという表示になりました。どちらがずれているのか一対一の関係だと判断が出来ないので、音叉でも確認しました。これも440Hzなのですが、高めという表示になりました。

どうやら、このクロマチックチューナーは440Hzよりも少し低いところが基準になっているようです。誤差の範囲なんでしょうけど、逆に高めの方が個人的には良かったなぁ。楽器用のチューナーの場合、僅かな誤差ならば、高くて困ることの方が少ない気がします。ギターなどの弦楽器だと、弾いている内に弦がゆるみ、ピッチが下がるので、低いより高めに成っていた方が都合がよいはず。

まぁ所詮2k円程度のクロマチックチューナーですからね。本体の鏡面加工も含めて上出来です。

閲覧数: 1965 / はてなブックマークusers

blog comments powered by Disqus

関連日記

アマゾン広告

この日記ページは閲覧数などの条件に応じて、閲覧制限を行っています。他からリンクしていただいても、そのリンクから辿った閲覧者が当ページの内容をご覧頂けない場合があります。ご了承下さい。

▼日記検索

Mac

Shade

3D

Flash

ゲーム

ウェブ

音楽

映画

デジカメ

Windows

Linux

携帯電話

テレビ

広島

電子工作

iOS

▼ 最近のトラックバック

▼ランキング

▼関連サイト